頭でっかちでも図解で分かる「恐れ」「不安」を無くして一歩踏み出す思考法

      2017/09/12

「アウトプット機会」✖︎「質」でステージアップへの距離短縮

私は英語講師をしていますが、英語が苦手な方の中には、

「理論や公式を理解して解く勉強は得意だけど英語は例外がたくさんあって苦手」

という方も多く、こんな公式を作ると、

【間違えたらどうしよう】
【伝わらなかったらどうしよう】

という恐れを吹き飛ばして一歩を踏み出せるきっかけになるかな?と思い作り出した公式です。

 

数学だと

時間✖︎速さ=距離

当たり前とも取れるお話ですが、英語に限らず、何かしたいことに向かって頑張っている人にはきっと響くはずです。お読みいただければ嬉しいです。

 

練習の機会でステージアップは作られる

みなさんは1万時間の法則 って聞いたことありますか?

http://ninkiclass.jp/archives/6070

専門家になるにはそれくらいの時間が必要、ということです。

ほとんどの方が英語のプロを目指すわけではないですが、逆に特別才能があって英語をすぐマスターできる「天才」でもないとします。

そうしたら、もしあなたが次のステップにいきたいとしたら、正しくアウトプットする「時間」もとい「機会」が必ず必要です。

この時、重要なのが「机上の勉強」ではなく「実際に使う」「アウトプットする」ということです。

 

Misakiテキスト

英語上級者でも、native speakerの赤ちゃんでも、練習の機会は必要。

イチローも、練習を積み上げてプロになっていますよね。

文法書を読んで話せるようになる赤ちゃんはいませんし、イチローは毎日野球の専門書を読み漁っている訳ではないのです。

初心者から、積み上げて次のステップにいくため仮に「1000時間」のアウトプットの機会が必要だったとします。

ここで重要なのが、この1000時間に残念ながら「怖いな」「間違えたらどうしよう」とモヤモヤ考えている時間は含みません。そこでこの記事ではアウトプットする「時間」から「機会」という言葉に置き換えています。

Misakiテキスト

 

時間は限られています!今使っている時間はどんな時間?

これも当たり前ですがみなさんに時間は平等ですよね。

なので、この「時間」を効率よく使っていくためにはどうすればいいのでしょうか?

人生は一度きり。この2つのグラフを見てください。

Misakiテキスト

 

Misakiテキスト

横軸は分かりやすいように「時間」でなく「年齢」にしました。

 

どちらの人生の方がhappyだと思いますか?

もちろん下の図の方ですよね。

 

「困らずhappyな時間」>「困ってモヤモヤしている時間」

にして行くことがhappyになる秘訣です。

当たり前ですけど、「英語に困ってモヤモヤしている時間」が増えれば増えるほど、残りのあなたの人生「英語で困らずhappyな時間」は減ってしまいます。

 

では英語に困ってモヤモヤする時間はどうやったら減らせるでしょう?

そう、縦軸の「英語ステージ」を一つずつあげて行くことが大切なのです。

この時必要なのが、最初にお話ししました「アウトプット」の機会です。

Misakiテキスト

目的に合わせた「質のいいアウトプット」をすることで、

モヤモヤ時間 が happy時間にどんどん変化していくのです!

Misakiテキスト

どうせ時間がかかるんだったら、その時間を「アウトプット」に使う。

こう考えると、「モヤモヤしている時間」「間違えたらどうしようと悩んでいる時間」

があったら、アウトプットしよう、という気になりませんか?

Misakiテキスト

 

やみくもを卒業!一日も早い「机上の勉強」から「質のいいアウトプット」をすると人生はhappyに!

普段あまり時間を図にして見ることはないですよね。

小学校ではよくこうやって図にしていたのに、大人になると不思議と目の前のことに追われて大切な「時間」を意識しなくなってしまうことがあります。

 

そこで、✖️のあとにくる【質】が大切になります。

多くの人が、質のいい「アウトプット」や「自分に合う勉強法」ができず、モヤモヤしてしまったり、矢印が上に向かわない「我流の間違った方向の勉強」で英語を勉強してしまっています。

Misakiテキスト

時には、自分のやっている勉強法が合っているのが客観的に見ることが大切ですね。

明日から、質のいいアウトプットを始めて1日も早いhappy時間を手に入れませんか?

 

Website:

https://trability.jimdo.com/

 

 

The following two tabs change content below.
Misaki Ikemoto
1983年神戸市生まれ 理系大学出身ながらもいつか海外に住みたいという夢を叶えるため オーストラリアへ。24時間英語環境の住みこみベビーシッターを経験しTOEIC300点アップして20都市以上を旅行。日系・外資系4社で英語を実務で使う仕事を経験し、英会話講師として2016年に活動開始。洋楽を歌うことも好きでカラオケアプリにはフォロワーが世界に6000を人超える。行動して人生を楽しみたいけど頭でっかちになってしまう人に向け、楽しく目的に集中する英会話マンツーマンサポート講座を行っております。

 - 教育 ,